WordPressで部分的にレイアウトを共通化する方法

結論

共通化したいレイアウトファイル(.php)を作成し、get_template_part関数で呼び出します。

<?php get_template_part('layout-parts'); ?>

解説

WordPressでは、テンプレートパーツと呼ばれる、デフォルトで設定されているファイルがあります。
header.php footer.php sidebar.php

これらのようなWordPressが用意しているものではなく、自作のレイアウトを呼び出したい時に、get_template_part関数を使うことで自作テンプレートパーツを呼び出すことができます。

レイアウトファイルを作成

共通化したい内容を記述したファイル(.php)を作成します。
例としてlayout-parts.phpとします。

呼び出したい箇所で関数を記述

ファイル名から.phpを除いたもの(関数パラメータとして$slugと呼ぶ)を引数に指定します。

<?php get_template_part('layout-parts'); ?>

以上でレイアウトを共通化することができました。簡単ですね。

関数の詳細な仕様については、以下を参照ください。
関数リファレンス/get template part - WordPress Codex 日本語版

まとめ

プログラミングの世界では、同じことを繰り返して記述することは盛大にNGという原則があります。
これに限らず共通化できる部分は極力共通化し、メンテナンスしやすく可読性の高いコードを維持できるようにしたいですね。

関連記事

  1. WordPressの管理画面で不要なウィジェットや通知を非表示にする方…

  2. WordPressの追加CSSが保存されている場所